とちぎ福祉サービス第三者評価推進機構

ホーム > 事業所を探す > 検索結果 > 評価結果

福祉サービス第三者評価結果


■第三者評価機関名
特定非営利活動法人ニッポン・アクティブライフ・クラブ
■施設・事業所情報
名称 宇都宮市東浦保育園 種別 保育所
代表者氏名 大島 孝子 利用人数(定員) 138(110)
所在地 〒321-0167
宇都宮市東浦町4番12号
TEL 028-658-6907
■実地調査日
平成25年10月23日(水)
■総評
◇特に評価の高い点
①保育理念・方針に基づいた保育の実践に取り組んでいます。
朝夕の職員打ち合わせ時に、保育理念・方針・目標を唱和しあい、常に基本にかえっての保育の確認と振り返りにつなげ、日常の保育活動に活かされています。また、各クラスの子ども一人ひとりに関する情報交換が行われて職員間で共有し、園全体で、子ども一人ひとりを大切にする保育姿勢を持ち実践につなげています。

②安全対策を継続的に実施しています。
築37年目の保育園で園舎は古いですが、平成24年度、耐震診断を受け必要な部分の耐震工事を行い、定期的な火災避難訓練、不審者訓練等を実施しています。また、今年9月、県内に発生した竜巻災害に対しても、さっそく園独自での対応マニュアルを作ったり、常時、職員が自分の名札の中にクラス名簿を縮小して入れておき、緊急時の混乱の中でも即、子ども達の確認が出来る取り組みの工夫をするなど、常に安全対策に努めています。また、災害時対策の一環として、携帯電話のメール発信システムを導入し、ほとんどの保護者が登録しています。

③職員間の連携の取れた保育がおこなわれています。
10月現在では最大受入れ数に近い141名の入所児を受け入れており、園庭、トイレ、保育室などの施設面の狭さがあるが、各職員は一人ひとりの子ども達の状況を把握し、いかに快適な生活環境を提供するかなど、職員間の連携による創意と工夫、保育に対する意欲と協力で対応しています。子ども達が元気いっぱい、笑顔いっぱいの暖かい雰囲気の保育園になっている事は、園長先生をはじめとする全職員の一丸となった取り組みの結果と高く評価するものです。

④市の環境方針に基づいた取り組みがなされています。
宇都宮市がすすめている「環境にやさしいまちづくりISO14001自己適合宣言」を継続的に取り組み、エコオフィス活動チェック(電気・水道・紙などの節減・再生紙使用、ビン・缶・ペットボトルなどのリサイクル他)を実施し、市長より環境にやさしい取り組みを通して「もったいない宮っ子」を育む「宇都宮市みやエコ園」の認定証を受けるなど、環境に配慮した取り組みを継続して行っています。
◇改善を求められる点
①発達支援児への対応の更なる工夫。
発達支援児が、体調不良などにより不安定になった場合などに、落ちつける、安心できる場所のスペース確保が難しい状況です。現在の保育環境の中で工夫して対応していますが、子どもの立場からは十分とは言い難い部分があります。今後、より一層の対応の検討と、更なる創意工夫に期待します。
■第三者評価結果に対する施設・事業所のコメント
第三者評価を受けるにあたり、全職員が、子どもにとってより良い保育とは何かをテーマに、保育内容の見直しや自己評価をすすめることで自分を振り返り、第三者の意見を聞くことで保育に携わる者としての人間性や専門性が深まったように思います。
評価結果において、認められた点はより充実させて継続してまいります。弱い点は職員全員で熟慮し、できる限り改善に努めていきます。これからも、公立保育園として地域の「和」を大切に心暖まるサービスを提供していきたいと思います。
■第三者評価結果
 
  別紙の「第三者評価結果」に記載している事項について公表する。