とちぎ福祉サービス第三者評価推進機構

ホーム > 事業所を探す > 検索結果 > 評価結果

福祉サービス第三者評価結果


■第三者評価機関名
特定非営利活動法人 InternationalSocialServiceCultureCenter
■施設・事業所情報
名称 日光市立湯西川保育園 種別 保育所
代表者氏名 山越 教子 利用人数(定員) 9(40)
所在地 〒321-2601
日光市湯西川597-3
TEL 0288-98-0201
■実地調査日
平成25年9月4日(水)
■総評
◇特に評価の高い点
①当園は地域の特性があり、園の周辺は山林に囲まれ、自然に恵まれた環境に立地し、動植物に接する機会が多く様々な体験を通して、心身共に健やかに育てられ「生きる力」の基礎を育てることを方針として保育されている。又地域住民や保護者との連携が密に行われ、保育園と保護者が一体となり保育がなされている。
②本地域は世帯数・人口も減少し、高齢化が進み、定期的にデイサービスセンターに訪問するなど高齢者との交流する機会を多く設け、世代間をこえた交流を図り、地域の結びつきを大切にした保育サービスの提供を行なっている。
③当園は少人数の保育園であり、子ども一人ひとりの発達に応じて、きめ細かな保育サービスを提供し、クラスがふたつのため、異年齢間の交流が行われ、その中から「おもいやり」や 「やさしさ」を大切にし、集団生活での子どもの成長を重視した保育がなされている。
◇改善を求められる点
①当地域は山間地帯で過疎地域であり、現在の利用者も少人数であり、今後少子化の傾向により、新たな入園希望者が存在するのか、又地域の保育ニーズの把握が早急に必要であり、市当局と充分な検討をし連携を期待したい。
② 保育サービスの向上を目指して、市独自のチェックシートを使用し、自己評価に取り組んだ結果により、見直し等に取り組んでいるが、それぞれ職員の課題についての改善策が不十分であり、今後職員会議等の場を活用して、職員一人ひとりの目標について検討して、目標達成が図られるよう期待したい。
③職員研修は市の研修計画に基づき、研修の機会を設け受講し、その成果は報告者より他職員に伝達し共有化が図られている。今後は内部研修(園内研修)の充実を図るためその時々に課題(テーマ)を設け、定例化を図り、より一層職員の質の向上に向けた取り組みを期待したい。
■第三者評価結果に対する施設・事業所のコメント
 第三者評価を受審したことにより自分たちの日々の保育をじっくりと省みる良い時間が持てました。職員全体で取組み話し合いの中での気づきを確認し共有することにより、共通理解をさらに深め保育に当たることが出来ました。このことは、保育を見直す意味で大きい収穫となりました。少子化に伴い少人数の保育園でありますが、評価頂いたとおり地域の方々に見守られながら様々な交流を持てること、保護者と常に連携をとれる環境にあることで地域に密着した保育ができる特性があることにこれからも重点を置き、改善を求められる点につきましては、今後の課題として計画性を持った取組みを行い、職員一人ひとりが保育の質の向上に努めニーズにあった保育サービスの提供が出来るよう、子ども達に寄り添い子ども達の育ちを見守っていきたいと思います。

■第三者評価結果
 
  別紙の「第三者評価結果」に記載している事項について公表する。