とちぎ福祉サービス第三者評価推進機構

ホーム > 事業所を探す > 検索結果 > 評価結果

福祉サービス第三者評価結果


■第三者評価機関名
一般社団法人 栃木県社会福祉士会
■施設・事業所情報
名称 桜ふれあいの郷生活支援施設(施設入所支援) 種別 施設入所支援
代表者氏名 平石 準一 利用人数(定員) 150
所在地 〒329-1304
栃木県さくら市鍛冶ヶ澤157-6
TEL 028-682-6611
■第三者評価の受審状況
評価実施期間 平成27年7月1日(契約日)~ 平成28年1月31日(評価結果確定日)
受審回数(前回の受審時期) 1回 (今回が初回)
■総評
◇特に評価の高い点
1.理念や基本方針に基づいた利用者一人ひとりに対する支援プログラムが充実しています。
・支援プログラムは、施設や実施部門としての各課等、それぞれの部門で基本理念及び基本計画を掲げ、支援内容及び支援方法が計画されています。特に各課の計画は、支援プログラムとして、日常生活支援の内容、日課・週課としての活動支援予定、及び行事計画等、取り組み内容が表されています。
・職員の支援への関わりは、職務分担を明らかにし、日常業務、活動計画、各管理項目とそれぞれマニュアル化し共有出来るようにしています。利用者一人ひとりに対しては、長期、短期目標を設定して半期ごとに支援内容を定めた計画があり、職員が一人ひとりに対して詳細にわたる支援ができるようにしています。
2.前向きな職員の態度が利用者の日々の暮らしを支えています。
・人員不足や建物老朽化と難しい問題を抱えているなか、現場の支援職員は表情も明るく利用者に接しています。
・利用者の生活変化や支援方法の変更に関する伝達は、回覧やミーティングでの情報に加え職員同士の話し合いで補足しています。またケアの技術を学び合う等、職員の協力関係が機能しています。
3.一人ひとりの状態に合わせた日常生活支援が職員間で共有され実施されています。
・生活習慣を身に付ける為に支援プログラムを作成して整髪、歯磨きなど身だしなみも利用者の状態に合わせて繰り返し支援できるような体制になっています。
・支援プログラムは、食事や排泄など生活場面で必要な支援方法が共有できる仕組みとなっており、活動場面での注意事項も記載されています。
・日々の記録が利用者の状態を理解出来るように具体的に記載されています。
4.安全に配慮し、柔軟に対応できる健康管理が行われています。
・健康管理について、通院が難しい利用者には、内科医が月2回来訪しているため、その時に相談や受診ができる体制が整備されています。体調変調時は事業所の看護師と連携を取り、スムーズに医療機関受診をしています。処方された薬は、鍵のかかる棚に保管してあります。また、朝・昼・夜に飲む各人の薬は色違いの箱に区別して入れ、誤薬防止の工夫をしています。課によっては、2名体制で服薬前チェックが行われています。
◇改善を求められる点
1.計画立案は組織的に関わり、実施状況を把握し易く、取り組みやすいように計画化することを期待します。
・事業計画は、計画の目的、事業内容、前期の実績及び効果、事業の方向性について説明がされています。さらに今後は、組織的にPDCA(計画・実施・評価・対策再計画)の管理サイクルが機能するように取り組むことや、職員・利用者等に対する計画の周知及び理解を促す取組みが行われることを期待します。特に作成した計画については、期間中に状況を把握し評価見直しをし易くするため、出来るだけ数値目標化する等の工夫を期待します。
2.利用者支援の充実を図るために、職種間の意見交換の場を活用する仕組み作りを期待します。
・支援の充実を図るために、看護師、作業療法士、管理栄養士や支援センターふれあいなど、支援課以外の他職種と意見交換を行えるように、職員会議に常時参加してもらう等の仕組み作りを期待します。
・日々の記録が支援者側の行動や観察等の記述だけでなく、利用者の思いや行動がどんなきっかけで起きているのかなどの背景観察の記録が利用され、利用者のサービスの質の向上が図れる取り組みを期待します。
3.職員の事務環境及び労働環境の整備を期待します。
・建物の老朽化やスペースの狭さもありますが、支援員室の整理整頓が不十分で、古い時期に作成された書類や必要頻度の低いと思われるものも置かれた環境となっています。書類をカテゴリー化したり作成時期で分けていくことで環境整備につながるよう期待します。
・職員不足ではありますが、その中でも職員は利用者に対して丁寧な支援が行われており、職員同士での助け合う姿も見られました。職員の定着しやすい労働環境や職員が増えた時に職員一人ひとりの能力や思いに寄り添った指導・助言ができるような対応はすぐに出来るものとは思われません。意欲的に働いている職員を離職することなく定着させる為にも今から検討を始めるよう期待します。
4.ボランティアの活用を図り、一人ひとりの状況に応じた利用者支援の充実を期待します。
・職員の人手不足があるにもかかわらず、ボランティア等の活用が少ない為、利用者の希望に合わせた外出に対応できる体制が不十分であるように思われます。施設に個人や団体でボランティア登録している方、さらにはさくら市に登録しているボランティア活動団体も多数あるので、桜ふれあいの郷として、どのような状況、場面でボランティアの活用ができるかを検討し、利用者支援の充実を図る取り組みが行われることを期待します。
■第三者評価結果に対する施設・事業所のコメント
今回、第三者評価を受審したことで、事業を運営する上で施設が抱えている潜在的な課題が具体化されたと考えます。
特に、改善を要するとして御指摘いただいた、PDCAサイクルにおける評価及び改善に向けた取り組みが不十分である点については、事業運営全般に該当する事項であるため、具体的な数値目標の設定、評価及び進行管理の実施並びに改善策の策定等ができる体制づくりを、早急に取り組んでいきます。
また、利用者支援に当たっては、当施設に所属する様々な職種の職員が関われる体制を整備するとともに、地域の社会資源を積極的に活用することで、利用者の意向や希望に対応していきたいと考えています。
その他の指摘事項等についても真摯に受け止め、利用者支援等の一定の評価を得られた事項についてはなお一層検討を加え、サービスの質の向上を図って参ります。
■第三者評価結果
 
  別紙の「第三者評価結果」に記載している事項について公表する。