とちぎ福祉サービス第三者評価推進機構

ホーム > 事業所を探す > 検索結果 > 評価結果

福祉サービス第三者評価結果


■第三者評価機関名
一般社団法人 栃木県社会福祉士会
■施設・事業所情報
名称 那須塩原市西保育園 種別 保育所
代表者氏名 藤田 玲子 利用人数(定員) 106(90)
所在地 〒329-2746
那須塩原市四区町662番地
TEL 0287-36-2483
■実地調査日
平成24年12月12日(水)
■総評
◇特に評価の高い点
1.園長を中心にチームワークが良く職員間の連携がよく取られています。
職員の園長に対する信頼は厚く、園長を中心とした協力関係は、情報の共有が良く図られ、担当以外の職員でも子どもの姿を良く把握しています。特に、子どもと一緒の朝のミーティングは、子どもの様子を職員間で共有しやすくなっています。

2.園長及び職員は保育に対する意識が高く一人ひとりを尊重した保育を実践しています。
 理念、方針を、明文化するとともに、質の向上に向けて会議等で職員に周知されています。職員の保育に対する意識は高く、一人ひとりを尊重し、子どもの成長に合った狙いや目標を立てて、子供たちと向かい合っている様子が保育の実践に見られます。
   
3.自然や地域社会との接点を生かし、限られた環境の中でも創意工夫をして保育を実践しています。
 施設、備品等の物的環境は、必ずしも良いとは言えません。しかしながら、地域性や環境を生かすとともに、子どもへの温かいまなざしを始めとした保育の心と技術や、職員間の協力と創意工夫でよく補っており、職員の努力が伺われます。
 例えば、豊かな自然環境の中、子どもたちは、のびのびと戸外活動を楽しんでいます。また、隣接という地域性を生かして小学校や公民館を、避難訓練や運動会の際に場所の提供を受ける等の関係を結んでいます。障がい児の安全のために教室とプールとの間に柵を作る等、建物の老朽化や狭小などハード面の不備に対して、職員の工夫や知恵を様々なところに生かしている様子が見られます。

◇改善を求められる点
1.家庭、地域、関係機関とともに全員で子どもの育ちを支援する取り組み
園の理念や基本方針を、地域住民や関係機関に対してより理解を得られるような取り組みや、保護者に対しても情報提供とともに意見を聴く機会を増やし、ともに支援に対する工夫を期待します。
 また、保育課程の編成の際は、園長と副園長に加え他の職員も参加して、保育所保育の全体像を示すものとして作成されることを期待します。

2.安全情報や研修で知り得た知識の共有化への取り組み
 安全に関するヒヤリハットは報告のみとなっていますが、検討会や再発防止対策等を、組織として取り組まれることを期待します。
 職員研修は全職員に平等に機会が与えられ、書面での報告も行われていますが、研修結果を全職員にフィードバックし、研修結果を基に話し合いを持つなど、共通認識が深められることを期待します。

3.保育の継続性への取組みと職員体制について
 生活と発達の連続性を考慮した支援として保育期間内に限らず卒園後も発達に関する支援が継続出来るように情報(資料)の維持管理を期待します。
 クラスの中に非常勤職員だけで運営されているクラスがありますが、管理責任や職員の負担という面からも改善を期待します。
■第三者評価結果に対する施設・事業所のコメント
 第三者評価を受審するに当たり、日ごろなかなか難しい全職員での検討を重ね、意思の統一が図られたとともに、課題も明確化されました。
 評価された事項はさらに充実させ、改善すベき点や保護者の意見などを真摯に受け止め、地域の子育て拠点として、より開かれた保育園となるよう、全職員で取り組んでいきたいと思います
■第三者評価結果
 
  別紙の「第三者評価結果」に記載している事項について公表する。