とちぎ福祉サービス第三者評価推進機構

ホーム > 事業所を探す > 検索結果 > 評価結果

福祉サービス第三者評価結果


■第三者評価機関名
特定非営利活動法人 InternationalSocialServiceCultureCenter
■施設・事業所情報
名称 日光市立藤原保育園 種別 保育所
代表者氏名 利沢 直恵 利用人数(定員) 20(45)
所在地 〒321-2613
日光市藤原419番地
TEL 0288-76-1207
■実地調査日
平成25年8月21日(水)
■総評
◇特に評価の高い点
①当園は、鬼怒川温泉と川治温泉の間に位置し、周辺は山林や田に囲まれ自然豊かな環境の中で、保護者との連携を深め子ども一人ひとりの気付きや発見を受け、尊重しながら日々の保育サービスの向上に取り組んでいる。
②子ども一人ひとりの生活のリズムを把握し、送迎時には保護者との会話の中で、園での様子や家庭での様子を伝え合いサービスの向上に活かすと共に、保護者との信頼関係を築いている。又障がいのある子どもの特性や虐待防止について、それぞれ専門機関等の助言や研修に参加し、職員全員で話し合いを行い共有化を図り適切な対応を目指して取組んで いる。
③子どもの安全確保については、毎日の事故災害点検表での確認を行い、安全管理マニュアル・危機管理マニュアルも整備されている。職員間においても話し合いにより共有化が図られている。また当園では独自にヒヤリマップを職員が話し合いのうえ作成している。全職員が救急救命の講座を受講し、緊急時の対応など、組織として安全確保の体制が確立されている。

◇改善を求められる点
①保育サービス等の向上を目指して、市独自のチェックシートを使用し、自己評価に取り組ん だ結果について分析したり課題を明確にして全職員が共有化しているが、改善策が不充分であり本年度園内研修において、職員一人ひとりの目標について検討することを予定しておりこの機会を通して、それぞれの職員の目標達成を図る取組みを期待したい。
②地域における福祉・保育ニーズについては、市からの情報や保護者との日常会話等により情報の把握に努めているが十分ではなく、今後地域の子育てネットワークを活用して、各関係機関や団体とも定期的に連携して、地域の福祉ニーズや保育ニーズの把握に努めることを期待したい。
③職員研修については、市研修計画に基づき、研修の機会を設け、成果は研修報告書により他の職員に伝達され共有が図られている。今後は内部研修の充実を図り、課題(テーマ)を設け、定例化し更に職員の質の向上に向けた取り組みを期待したい。
■第三者評価結果に対する施設・事業所のコメント
今回、第三者評価を受審したことにより、全職員で日々の保育を見直すことができ、現状に満足せず日々自分を向上させていく必要性を感じ、前進するよい機会となりました。職員は、保護者との信頼関係を大切にし保育を行っていますが、問題点もわかり、保護者ニーズをきちんと把握し、的確に対応できるように心がけていきたいと考えています。また、自己評価の結果や研修をきちんと分析・見直しをし、職員ひとりひとりの質の向上に努め、子どもたちにとってよりよい保育が展開できるよう、全職員で探っていきたいと思います。地域との関わりもさらに広げ深めることによって、地域が一体となったより質の高い保育サービスに取り組んでいきたいと思います。
■第三者評価結果
 
  別紙の「第三者評価結果」に記載している事項について公表する。