とちぎ福祉サービス第三者評価推進機構

ホーム > 事業所を探す > 検索結果 > 評価結果

福祉サービス第三者評価結果


■第三者評価機関名
特定非営利活動法人ニッポン・アクティブライフ・クラブ
■施設・事業所情報
名称 宇都宮市竹林保育園 種別 保育所
代表者氏名 今泉 美佐子 利用人数(定員) 151(160)
所在地 〒321-0974
宇都宮市竹林町226番地
TEL 028-621-0057
■第三者評価の受審状況
評価実施期間 平成28年8月10日(契約日)~ 平成28年12月19日(評価結果確定日)
受審回数(前回の受審時期) 1回 (今回が初回)
■総評
◇特に評価の高い点
○保育理念・方針・目標の周知の徹底
園内の掲示板、事務室、各クラスへの掲示は勿論のこと、毎朝の職員の打合せ時には唱和を行なっています。保育園が作成発行する殆どの書類などに保育理念・方針・目標の記載が徹底して行われています。(書類;パンフレット、地域だより、保育構想、保育課程、竹林保育園重要事項説明書など)依って、園児の保護者は当然で、その家族及び近所の方々も目にする機会があります。

○職員の質の向上への取り組み体制
職員は目標を達成するためにスキルアップすべき「課題克服ポイント」を自ら認識して設定します。公立保育園全体で「職員研修体系図」が整備されていて、克服ポイントなどから研修内容を決め、必要な時期にできるだけ多くの職員が研修を受けることができるよう計画的に進めています。また、勤務に空きが発生しないように人員の確保を調整しながら人材育成を行っています。

○地域との交流
竹林保育園は地域との交流及びPRに積極的に取り組んでおります。地域とは保育園の地域活動事業として、地域住民との世代間交流(5/28 地域住民 69名、7/7 地域住民 59名)や異年齢児交流を実施しています。お年寄りには肩たたきなどをしてとても喜ばれております。保育園発行の「地域だより」には子育てサロンやなかよしクラブでの遊びや子育て相談、保育園行事など多くの情報をのせて自治会での回覧をはじめ、地区センター、スーパーマーケット、コンビニ、老人施設などに掲示をして、地域の方々に知らせています。

○職員の保育に対する熱意と連携
年齢毎に「あそびの年間計画」が作成され、子どもの発達に応じた多様性のある遊びが展開され、また、どこでもランチやバイキング昼食、絵本コーナーの設置、当番活動など、子どもが主体的に選択し活動できる環境が、職員のきめ細かく十分な配慮のもとに整備されています。常に子ども達が元気に楽しく活動を展開できることは、園長を中心とした職員の保育に対しての意欲と協力、共通理解が一体となった取り組み姿勢の結果であると思われます。保護者アンケートでは、「担任でない先生方も名前を覚えていて、子どもの事をよく知っていてくれる」・「提案や要望にすぐに対応してくれる」等、信頼と感謝の意見が殆どで、子育て支援、保護者との連携、信頼関係においても、大きな成果を上げています。

○子どもが心地よく過ごせる環境整備
「保健環境チェック表」により、各クラスで午前と午後、温度、湿度、換気を確認・配慮し、「保育園事故災害防止点検表」に沿って全職員が関わって、子どもに関する清潔と安全、トイレの消毒、園内外の防災・防犯・安全などについて日々確認するなど、保育環境の整備が行われています。また「遊具安全点検表」により毎週月曜日に固定遊具について安全確認を行い、点検修理などが必要な場合には、保育課の職員が来て対応してくれています。保育士による「環境委員会」が設置され、年間計画のもと、園舎内外の整理整頓、廊下などの装飾、教材室や外倉庫の片付け、花壇の整備、草むしり等が実施され、子どもが清潔かつ安全で安心感を持って心地よく生活できるよう、工夫された十分な取組みが行われています。


◇改善を求められる点
○緊急時対応・園児引き渡し票
災害時における子どもの安全確保のための取り組みは、各種計画書、マニュアルが整備され、避難訓練も毎月実施し都度反省・評価を行い次回に活かすなど十分な取り組みがされています。「保護者のメール配信システム」が整備され訓練も実施されていますが、「緊急時園児引き渡し票」については、いざ、緊急時に保護者の代理として子どもを渡す場合に、引き渡し者について面識のない場合の対応について明記されていませんでした。互いに緊急時である事を考えると、即、正当な代理人の確認が出来るような対策、工夫が望まれます。
■第三者評価結果に対する施設・事業所のコメント
 第三者評価を受審するにあたり、改めて保育の内容や環境整備、マニュアル、保護者支援等について、職員全体で学びあう良い機会を得ることができました。
 評価をいただき、認められた事項については、更に充実させていきたいと思います。
また、改善を求められる点では、職員の共通認識のもと、危機管理体制の強化につなげてまいります。
 今後も全職員で、これからの保育、保護者支援、職員の資質等の更なる向上を目指すと共に、保護者・地域との連携や協力のもと、地域に根差した保育園となるよう努めてまいります。

■第三者評価結果
 
  別紙の「第三者評価結果」に記載している事項について公表する。