とちぎ福祉サービス第三者評価推進機構

ホーム > 事業所を探す > 検索結果 > 評価結果

福祉サービス第三者評価結果


■第三者評価機関名
特定非営利活動法人 アスク
■施設・事業所情報
名称 那須塩原市わかば保育園 種別 保育所
代表者氏名 森嶋かおる 利用人数(定員) 112(120)
所在地 〒325-0047
那須塩原市若葉町9番21号
TEL 0287-62-2123
■第三者評価の受審状況
評価実施期間 平成29年7月19日(契約日)~ 平成29年12月20日(評価結果確定日)
受審回数(前回の受審時期) 2回 (平成25年度)
■総評
◇特に評価の高い点
〇一人ひとりの子どもの受容と、状況に応じたていねいな保育の実践 
 職員は、「子どもの利益を最優先に」を念頭に、保護者と連携し常に個々の子どもの状態を理解しようと努めている。また、自分の気持ちをうまく表現できない子どもの思いを理解し優しく受け止めるなど、職員が、子ども一人ひとりの気持ちを受容し、寄り添った保育を実践している場面が観察された。保護者アンケートには「先生たちには、明るく優しく受け入れてもらい、子どもも喜んで登園するので安心して預けられる」という保護者からの回答が数多く寄せられている。

○子どもに対する適切な健康管理
  アレルギー発症時やひきつけ時の対応・午睡チェック表等、健康管理に関する諸マニュアルが整備されている。職員は、保健計画に基づき、送迎時等に一人ひとりの子どもの健康状態を保護者と伝え合い、ていねいに視診を行い記録し、職員間で情報を共有し日々の保育に反映させている。既往症・予防接種の状況など、子どもの健康に関わる必要な情報は「健康記録ファイル」にまとめられ常に把握できるようになっている。また、保護者には各種健康診断や検査の結果を書面で伝え、必要のある子どもには受診・治療を勧めており、家庭での生活に活かされるよう連携して取り組むなど、運営全般において適切な健康管理がなされている。


◇改善を求められる点
〇園全体の保育の質の向上に向けた取組
毎年度公立保育園として「アクションプログラム」(年度当初に運営や保育面の目標・設定理由・実施方法等について作成、年度末に評価結果を作成)を市保育課に報告しているが、園全体の保育の質の向上に向けた取組として十分ではない。今後は、定められた評価基準をもとに年1回以上園全体の自己評価を行い、評価結果を分析・検討して課題を把握し改善に取り組むという、PDCAサイクルに基づく園全体の保育の質の向上に向けた仕組みを構築することが必要である。また、仕組みを構築した後は、評価結果に基づき課題を把握し文書化して職員間で共有化を図るとともに、職員参画のもとで改善策や改善計画を作成して具体的な改善に取り組むことで、保育の質を更に高めていくことが必要である。

〇園が有する機能の地域還元及び地域の福祉ニーズに基づく公益的事業等の取組
  園として園庭開放の方針を持ってはいるが、地域への働きかけは行っておらず、他にも保育所として有する機能を還元する取組が見当たらないことから、今後、積極的な取組をしていくことが必要である。また、園独自では地域の福祉ニーズの把握はしておらず、子育て相談事業を実施しているものの相談件数は少ない。今後は、園として近隣地域の住民の福祉ニーズを把握し、市保育課と連携を図りながらニーズに応じた園独自の公益的な事業や取組を検討していくことが求められる。
■第三者評価結果に対する施設・事業所のコメント
 この評価を受けることは、職員にとって自分の保育姿勢を見直し、職員間でも共通理解を深める良い機会となりました。今回の結果を踏まえ、良い評価を頂いたところは継続しつつ、子どもたちの育ちを支援し、改善点は、保護者・職員の意見も参考に、保育の質の向上に向けて取り組んでいきたいと思います。
■第三者評価結果
 
  別紙の「第三者評価結果」に記載している事項について公表する。